第一位 道の駅かわうその里すさき





第一位 かわうその里すさき

 

 

第一位 かわうその里すさき

 

道の駅 かわうその里すさきは高知市中心部より1時間くらい西に入ったところにあります。

 

高速道路須崎新荘を降りてすぐのところにあります。
高速道路はその先窪川まで続いていますが2014年4月現在無料区間になっています。

 

2014年4月現在高速道路の無料区間の最終地点窪川まで行って車中泊するという方法もあります。

 

しかしそこにある道の駅 あぐり窪川よりはかわうその里すさきが大きいので私はかわうその里すさきの方を選び車中泊しました。

 

かわうその里すさきは海辺沿いにあるので冬場は極端な気温低下はないと思われます。
ただ、地震などの津波がきたら海に近いだけあって被害は免れません。

 

あぐり窪川は標高がやや高いところにあるので夏場はコチラのほうが涼しいかも知れません。
そして津波の被害の心配はないと思われます。

 

かわうその里すさきは高知西部の足摺岬や四万十川方面に行くルートにあります。

 

足摺岬まで行くにはまだまだ遠いので高速道路の最終の窪川まで行き一般国道56線を南東方向に突き進み道の駅ビオスおおがたまで進むのもいいでしょう。

 

 

このビオスおおがたも海岸に面したきれいな道の駅です。

 

また、かわうその里すさきから197号線を北方面に向かうと坂本龍馬が超えた檮原(ゆすはら)を超えて愛媛県の宇和島市方面へ行くルートの分かれ道でもあります。

 

197号線ですので 私は勝手に「行くな街道」と名付けてました(笑)

 

しかし高知市に住んでいたころこの道を通って何度も宇和島へ釣りに行ったものです。

 

行くなと言われても釣りが止められず(笑)

 

 

このルートは信号がほとんどない山道が続きます。

 

頂上付近だけは急カーブがありますがあとは緩やかな勾配と緩やかなカーブの連続です。
私にとってはドライブしていてストレスのないとても走りやすいお気に入りの道です。

 

峠の頂上付近には太郎川公園があり車中泊できます。
また、途中に布施ヶ坂という道の駅もあります。

 

このルートはあまりお店がないのでコンビニを見つけたら早めに食料調達しておいた方がいいでしょう。

 

 

 

 

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5215384957479161"
data-ad-slot="2259218807">

第一位 道の駅かわうその里すさき関連ページ

第二位 道の駅 やす
私が高知県の車中泊スポット第二位に選んだのは 道の駅 やす です。 その理由とは・・・
第三位 道の駅ビオスおおがた
高知県西南部での車中泊に適している道の駅 ビオスおおがたの風景を紹介します。