車中泊四国







四国の冬と積雪

 

四国の平野部

 

四国の平野部は積雪は少ない。
最近は地球温暖化の影響なのか
積雪しない年が続いている。

 

70年近く四国の平野部で過ごしてきたが
多い時で年1〜3回くらい積雪があったように思う。

 

夜間内に積雪して朝起きると真っ白なんて時でも
積雪の翌日は晴れるパターンが多い。

 

なのでお昼ごろには日影部分以外はたいてい溶けている。

 

ほとんどの車がタイヤチェーンを持っていない。
ほとんどの車はスタッドレスタイヤに履き替えない。

 

なので積雪するとパニックである。

 

しかし、山間部は別の世界である。

 

四国と言えども標高の高い地域は
冬の間積雪が残っている。

 

私は渓流釣りを始めた20代半ばのころ
始めて知った。

 

生まれたのは瀬戸内海の近くだから
冬の間山間部に積雪が残っているとは
全く知らなかった。

 

それからは4WDを買ってスタッドレスタイヤを履いて
わざわざ山間部まで雪山ドライブを楽しんだものだ。

 

2019年12月21日現在

 

まだ雪のかけらすら見たことがない。

 

外気温は最高温度が10度台前半でまだ二けたある。
最低温度は5度前後でまだ氷点下にはなっていない。

 

氷点下になるのは年が明けてからだろう。

 

四国平野部での最低温度で記憶しているのは
氷点下5度という年があった。

 

もう何十年も前の記憶だが。

 

その時はことごとく水道管が破裂したのを記憶している。

 

私の住む瀬戸内海に近いところでは
せいぜい氷点下1〜2度で
氷点下3度というのはとても珍しい。

 

積雪で苦労したのは数年前だった。

 

緊急で大阪へ行く日だったが高速が通行止めになり
赤石大橋も通行止めでめちゃくちゃ苦労したことがある。

 

ま そんな状況ですからもしこの時期四国へ
始めてくるような場合は服装などの参考にしてください。

四国の冬関連ページ

四国の春
四国は公共交通機関があまり発達してないので車での観光が便利です。 車中泊なら自由な時間で観光できてなおかつ宿泊費が節約できます。 車中泊に最適な道の駅などをランキングで紹介します。