車中泊四国





管理人情報

 

1951年生まれ 男性

 

香川県生まれ香川県育ち

 

徳島県在住18年半
高知県在住4年半

 

その後、地元香川県在住

 

なので香川県、徳島県、高知県の地理には明るいが愛媛県はあまり詳しくない。

 

マイカーでの行動範囲は四国内が多い。

 

大阪など大都会の走行は苦手だが山岳ドライブは大好き。

 

かつては4WDにスタッドレスタイヤを履いて山岳ドライブをしていた。
現在は2WDに夏用タイヤである。

 

 

管理人連絡先

 

管理人連絡先

 

メールフォーム

管理人情報

 

今年(2018)年の運転免許書き換え更新で
信じられないことがおこった。

 

というのも20代前半から60代後半まで
運転免許証は眼鏡が条件だったのだ。

 

車の運転免許は16歳で当時の
軽四輪限定免許を取得した。

 

18歳で普通免許に更新し
自動二輪免許も別途取得した。

 

20代前半から60代後半まで
四輪、二輪は近視用メガネを
かけないと法律違反となっていたわけだ。

 

それが今年の書き換えの適性検査で
視力が回復していて眼鏡という条件が
外されたのだ。

 

最初はいきなりメガネなしで運転するのは
恐怖だったけど近場から練習してみた。

 

今ではほとんどの運転に度無し偏光グラス
で対応している。

 

数日前の眼科の検査では裸眼で
0.9 と0.9 だった。

 

矯正で1.2だったからあまり変わらない。

 

なので近場はほとんど度入りメガネは
使用していない。

 

眼鏡なしで運転してわかったことは
眼鏡の境がないのでめちゃくちゃ
視野が広がるという当たり前の事実だった。

 

なぜ40年以上も経ってから視力が回復したのか?

 

実は近視のほかに乱視も入っていて
20年位前から緑内障も入ってきた。

 

緑内障は自覚症状のない恐ろしい病気である。
進行すると視力を失う恐れがある。

 

そこで眼科に通い出したのだが
眼科では進行を遅らせる目薬をくれるだけ。

 

あとはいろいろ検査をするだけ。

 

治すための治療法はないという事実である。

 

そんなとき、ネットでみつけた緑内障
改善プログラム。

 

これを3年以上やっている。

 

眼科へ2〜3カ月おきに定期健診で通っているが
緑内障の進行が止っているのはもちろんのこと
視力が少しずつ改善されてきたという副作用があったのだ。

 

それでついに運転免許の条件からが
眼鏡等の条件が取り払われたのである。

 

なので今では運転時だけでなく
自宅でテレビを見るときも近視用メガネは
必要ない。

 

眼鏡のいらない生活はストレスフリーで
とても快適である。

 

ただし、紫外線防止のメガネはかけることにしている。

 

度を入れる必要がないので店頭に並んでいる
好きなサングラスなどを自由に買うことができる。

 

今は、夏場で猛暑が続いている。

 

釣具店で購入した1980円と2980円の
色違いの偏光グラス(度無し)で昼間は運転している。

 

私が実行している緑内障改善プログラムはコチラ

 

 ↓

 

緑内障は自分で治せる