車中泊四国

愛媛のお城めぐり

 

 

今回は愛媛県南部のお城をめぐります。

 

宇和島城と、大洲城です。

 

我が家からは250km以上あります。

 

宇和島へは高速道のない時代の過去かた
釣り目的で通いつめたものでしたが・・・

 

当時は釣りのことしか頭になく
宇和島城は通り道から見えていたはずなのに
全く記憶に残っていませんでした。

 

今回は車中泊せずに日帰りドライブということで
家族5人で朝の7時前に我が家を出発しました。

 

コンビニで買い物を済ませ一時間丁度で
おなじみの豊浜SAに到着です。

 

8時前だということでまだにぎやかなお店は
開店していませんでした。

 

 

 

 

 


伊予灘SA

 

 

伊予灘SA

 

下り伊予灘SAは2回目である。

 

佐多岬へ日帰りで行ったときに寄ったことがある。

 

高松方面から宇和島方面に向かって
高速道路を走ると松山市内を通り越した
位地にある。

 

伊予灘や松山市内が見渡せる
松山城もかすかに見えたと思う。

 

ここは静かなので車中泊には向いているんじゃないかなと思う。

 

 

 

 

 

 

 


道の駅 どんぶり館

 

 

道の駅 どんぶり館 は愛媛県南部にあります。

 

愛媛県西予市宇和町稲生118番地

 

行ったのが日曜日ということもあり
大勢の人でにぎわっていました。

 

高速道路を降りてすぐ近くにありますがこの区間の
高速道路は2016年2月現在無料です。

 

なので高速道路を降りて道の駅どんぶり館
に立ち寄ったとしても高速道路料金が
割高になることはないんです。

 

無料道路なので料金は
そんなのカンケイない そんなのカンケイない

 

そう 関係ないんです。 (ちと古すぎるか・・・)

 

 

郊外にあるし広い駐車場もあるので
車中泊には向いているんじゃないかと思います。

 

また、すぐ近くに 道の駅 みまもありますので
どちらで車中泊してもいいと思います。
ただ、近所にスーパーとかコンビニは
見かけませんでした。

 

道の駅で食糧調達するのがベストと思います。

 

 

宇和島近辺には3つの道の駅がありますが
宇和島市内中心部に近いところにある
道の駅 きさいや広場は車中泊には向かないかな
と感じます。

 

ちょっと街中すぎて落ち着いて眠れそうもない気がします。

 

街中を散策して車に戻って宿泊という
ならいいのかも知れませんが。

 

 


道の駅 みま

 

 

道の駅 みま

 

愛媛県宇和島市三間町務田の
愛媛県道31号宇和三間線沿いにある道の駅。

 

松山自動車道の延伸に伴い近くに三間ICができたたので
標識に従って降りるとすぐにあります。

 

2016年2月現在まだ、無料区間なので
ICから降りても料金が割高になることはありません。

 

もともと無料ですから。

 

広い立派なキャンピングカーも停車しており
車中泊にはもってこいだと思います。

 

私は当日は日帰りだったのですが
宇和島近辺の3つの道の駅のなかでは
一番車中泊に向いているかなと思いました。

 

宇和島は我が家からも遠いので
今度、88ヶ所巡りなどをするときには
車中泊したい大本命です。

 

近くの四国霊場は2ヵ所あります。

 

41番札所龍光寺

 

弘法大師自ら尊像を刻み、堂宇を建立したと伝えられる。

 

42番札所仏木寺

 

御本堂の大日如来坐像と新大師堂の弘法大師坐像は県指定文化財。

 

 

 

 

 

 

 

 


道の駅 きさいや広場は人気ナンバーワン

 

宇和島市内にある 道の駅 きさいや広場は
四国の道の駅の中で人気ナンバーワンに輝いたそうです。

 

セルフ方式で新鮮な海鮮丼などが安く食べられるので
食堂は大賑わいでした。

 

宇和島市内の街中にあるので車中泊には
私的にはちょっとむかないかなと思います。

 

ちょっと走れば道の駅みまや
道の駅どんぶり館があるので
車中泊するならどちらかへ行きたいですね。

 

宇和島市内にあるので宇和島城は
近いので外せないスポットです。

 

 

 

 

 

 


宇和島城

 

 

宇和島城

 

宇和島市や宇和島市近辺は何度も通ったことがある。

 

磯釣り目的で何度も何度も通っていたのだが宇和島城は始めて行った。

 

お城の大きさは地元香川県の丸亀城とあまり変わらない
小さめのお城であった。

 

場内に展示物もほとんどない。

 

 

 

 

小高い山の上にあるので徒歩で登っていくのに
ちょっぴり汗をかく。

 

眺望がすばらしい。

 

宇和島市内も一望だし
宇和島の港も見下ろせる。

 

どこのお城にもいるボランティアのおじさんが
団体客に熱弁したりシャッターを切ってあげたりしている。

 

 

昔、磯釣りで通っていたころは
渡船が出ていた付近が見えて懐かしかった。

 

パプニング 迷い道 

 

宇和島城から降りるとき家族が
二手に分かれて降りた。

 

と、いうのも宇和島城は
急階段を登るルートと
遠回りしながらゆるい遊歩道を
登るルートがあるのだ。

 

私たちは登りもくだりもゆるい
遊歩道ルートを選択したのだが
駐車場の正反対の方へ降りてしまった。

 

たまたま急階段を選んで降りた
家族が元の市営駐車場へ降りて行った。

 

うまい具合に車のキーを持っていたので
車を回して迎えに来てもらったので事なきを得た。

 

逆だったらお城の反対側の駐車場まで
歩く羽目になってしまっていた。

 

 

お城は攻められたときのことを
最大限考慮して設計されている。

 

攻め上がるつもりがいつのまにか
全く違う場所に誘導されている
ことが多いのだ。

 

 

宇和島城は市営駐車場があり
駐車料金は安い。

 

宇和島城近辺で車中泊するなら
ちょっぴり離れてはいるが道の駅 みま がオススメ
ゆったりできていいと思う。

 

無料の高速で10分程度で行けるはず。

 

道の駅 きさいや広場の方が近いけど
周辺環境が建物ばかりで落ち着かない。

 


真冬の大洲城

 

 

 

真冬の青空に大洲城の白壁がまぶしかった。

 

大洲城は平野部にあるので市営駐車場からの
上りはきつくない。

 

キレイに舗装されているので段差もない。

 

 

宇和島城よりはかなり大きい。
展示物は少ない。

 

平野部にあるといっても天守閣からの
ながめは素晴らしい。

 

 

大洲城付近は車中泊に適した場所はないですね。

 

(肱川の河川敷などを探せば車中泊できる場所は
あるかも知れませんが。)

 

宇和島近辺にある道の駅 みま 道の駅 どんぶり館 
あたりが車中泊には適していると思います。

 

また、大洲市にはオートキャンプ場もあります。

 

大洲城は入場料500円と四国のお城
の中ではやや高めです。

 

(宇和島城は2〜300円だったと思います)

 

ただ、近くにある、有名な臥龍山荘の入場券を
セットで買うと800円になります。

 

大洲城、臥龍山荘、どちらを先にいっても
セット券を進められると思います。

 

 

 


臥龍山荘

 

 

大洲市観光でぜったい外せないのが
大洲城と臥龍山荘であろう。

 

テレビでもたびたび取り上げられているので
ご存知の方も多いと思います。

 

大洲市には鵜飼や、世界的に珍しい
肱川あらしなど観光したいところは
沢山あるにはあるのだか。

 

私は遠い昔、高速道のカケラもないころ
会社の仲間たちと鵜飼を見に来たことがあります。

 

 

臥龍山荘についてははウィキペデェアからい引用させてもらいますが。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

 

河内寅次郎が構想10年、施工4年の歳月をかけて建設し、
明治40年(1907年)に完成をみた。

 

臥龍院(がりゅういん)、不老庵(ふろうあん)、知止庵(ちしあん)
の建造物と借景庭園が広がり、冨士山(とみすやま)・肱川の光景を眺めることができる。

 

昭和31年(1956年)に大洲市指定文化財[3]に指定され、

 

昭和60年(1985年)に愛媛県指定有形文化財に指定された。

 

母屋の臥龍院は数寄屋造りで、清吹の間(せいすいのま)は
欄間の透かし彫りにより水の流れを表現し
高い天井には屋久杉が使われ、
壱是の間(いつしのま)は桂離宮様式が色濃く現れ、
霞月の間(かげつのま)は縁に仙台松の一枚板が使用されるなど
各所に創意工夫がなされている。

 

大洲藩主加藤泰恒が「蓬莱山が
龍の臥す姿に似ている」という言葉が由来で、
「臥龍」と名付けて誕生した。

 

知止庵は浴室であったものを昭和24年(1949年)に茶室に改装した。

 

不老庵は風光明媚な肱川の臥龍淵(がりゅうのふち)の
崖の上に建てた数寄屋造りで、生きた槙の木が捨て柱として使用されている
庭園の飛石には石臼、てまり石などがそのまま嵌め込まれ、
槙、榎、楓などの樹木が茂り、苔類も珍種が見られるという。

 

2011年5月に「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」が一つ星を獲得し注目を集めている。

 

引用ここまで

 

 

 

メインである臥龍院(がりゅういん)
はなんと内部撮影禁止なのでこれも興味ある方は
公式サイトをご覧ください。

 

不老庵(ふろうあん)、知止庵(ちしあん)については内部撮影も
OKということなのでスマホで簡単に撮影してみました。

 

 

 

 


夕暮れの石鎚SA(いしづち)

 

石鎚SA(いしづち)は高松 松山自動車道の
SAの中でも規模の大きいSAです。

 

豊浜SAより大きいかなと思ったりします。
いろいろな出店があるので楽しみでもあります。

 

愛媛県なのでかんきつ類が充実した
品ぞろえになっています。

 

また、ハイウェイオアシスも大人気です。
時間があれば是非行ってみて下さい。

 

 

四国のSAはどこでも車中泊できると思います。

 

石鎚SA(いしづち)も広い駐車場が
あるので車中泊は余裕でできると思います。

 

海(瀬戸内海)と山が一望できます。

 

冬から春にかけては山並みの雪化粧がキレイです。

 

 

 

 

 

 


府中湖SA

 

 

愛媛県宇和島市、大洲市、を観光して
夕闇せまる上りの府中湖SAにトイレ休憩に入りました。

 

府中湖SAは下り側にあるタワーが目印です。

 

府中湖という人工の湖をまたぐ場所にあります。

 

府中湖はカヌーの練習をやっていたり
ブラックバスを狙う釣り人にも人気があります。
多分、ヘラブナもいるんじゃないかと思います。

 

高松市内にはSAはありませんので
トイレ休憩はここで済ませておくのがベストでしょう。

 

また、車中泊にも向いているのではと思います。

 

 

 

 

 

 

 


宇和島・大洲関連ページ

四国最西端 佐田岬
四国 愛媛県の佐田岬ドライブした時の日記です。
翠波高原
愛媛県四国中央市にある翠波高原をドライブした時の日記です。
今治市観光
四国 愛媛県今治市をドライブした時の日記ですします。
松山城
四国 愛媛県をドライブした時の日記ですします。